Maintenance Check Point

お手入れ時のチェックポイント

CHECK POINT 1

撤収時の確認

使用後の確認がベスト

  • 設営時も撤収時も手軽なイージーアップですが、汚れ、湿気、傷や小穴などはできるだけ早く対処しておくのがベストです。
  • フレームの濡れ、汚れ(特にスライド部の砂にご注意ください)
  • 天幕の傷、穴の有無
  • 天幕の濡れ、汚れ
  • フレームのボルトの緩み
フレームの汚れ例
天幕の補修例
CHECK POINT 2

天幕・横幕などの補修

穴が開いたらすぐ対処

小傷や小穴でも、修理せずにそのままにしておくと、次第に広がってしまい、直しにくくなります。特に天幕生地には、設置時に強い張力がかかりますので、初期段階でしっかりと補修することをお勧めします。

天幕の補修例
CHECK POINT 3

汚れたままの収納厳禁

汚れを落とし、しっかり乾燥

  • 土や砂、雨水など、天幕の汚れは水拭きできれいに落とし、天日でしっかり乾燥させましょう。また、フレームの汚れは空拭きし、シリコンスプレーを吹き付けましょう。天幕が濡れていたり、湿気を帯びたまま収納すると、カビが生えることがあり、フレームの錆に繋がります。
  • 印の部分にシリコンスプレーを吹き付けると、スライドしやすくなり、フレームの開閉がスムーズになります。
シリコンスプレーの吹き付けるポイント
開閉時のイメージ
CHECK POINT 4

最も多い依頼はフレーム破損

破損予防はゆっくり開閉

フレーム開閉時に、ロック解除を忘れたり無理な力をかけたりすると、フレームの変形や破損の原因となります。フレーム開閉は、必ず決められた箇所(ステッカーの位置)を握ってゆっくり行ってください。

開閉時のイメージ
CHECK POINT 5

風による破損を防ぐ

ウエイトを使って急な風に備える

  • 風対策をしていないと強風で飛ばされ、大きな破損になる場合がございます。必ずかんたんウエイトなどを用いて、風対策をしてください。
  • かんたんウエイトのご購入はこちら
かんたんウエイトのイメージ
  • パーツを注文してご自身で修理可能
  • イージーアップ・テントパーツを注文してご自身で修理可能!
  • イージーアップの各パーツは、ボルト及びナットで結合されていることにより、破損したパーツをご自身で交換できます。

有償修理も承っていますのでお任せください!

有償修理サービスのご案内へ

有償修理サービスのご案内

天幕の破れ、フレームの破損など正常にテントが動作しない場合には、当ショップにご相談ください

専門スタッフ修理いたします!

0120-78-6648

営業時間: 9:00~17:30 
定休日: 土、日、祝